即日融資

今すぐお金を借りたいならどこから借りれば良いの?

例えば、冠婚葬祭や、病気やケガでの入院、急な転勤など、人生では急にまとまったお金が必要になることがあります。また、年末年始などの行事の時には、何かと出費が重なり、お金のやりくりに困ってしまうこともあるでしょう。そうした時に限って、預金にも余裕がなく、お金を借りる必要に迫られてしまいます。

 

しかし、いざお金を借りるとはいっても、一体どこから、どのようにして借りればいいのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

 

お金の工面には、急を要することが多いものです。そんな時に、「どうしよう」と迷っている暇はありません。ですから、日頃から、こうしたピンチの時の対応方法についての知識を知っておいたほうがよいでしょう。そうすれば、いざという時にも困りません。

 

では一体、このような急を要するお金の工面にはどのような方法が有効なのでしょうか。

 

結論からお伝えします。
それは、消費者金融の即日融資です。

 

お金を借りる方法にはいろいろありますが、便利で手軽、しかも迅速に対応してくれる消費者金融がとても便利なのです。

 

お金を借りる方法として思いつくのは、まず身内の方に相談することを考えるかもしれません。
これなら、利子はないし、取り立てや返済日などにも悩まされることはないとお考えになるでしょう。

 

しかし、この方法はあまり、お勧めできません。

 

ネット上でもよく目にするかもしれませんが、お金の貸し借りによって、大切な人間関係を壊してしまう、という話はよく聞きます。
それだけではなく、自分自身の信用を失うことにもなってしまうのです。

 

一度でも「お金を貸してほしい」などと頼めば、その身内や友人に「お金に困っている人」だと思われてしまいます。そして、それは、これからの付き合いに大きな影響を与えることになります。
従って、多少の利子は支払ってでも、一般からお金を借りた方がよいということができるのです。

 

それでも、なるべくなら低金利でお金を借りたいと思う人からすると、銀行のカードローンには魅力を感じることでしょう。

 

最近人気のある銀行のカードローンも、もちろん、銀行の低金利での融資が可能です。さらに、総量規制の対象外となっているため、高額の利用限度額の設定が可能になっています。
ところで、みなさんは総量規制についてはご存知でしょうか。

 

この総量規制という法律は2006年に施行されています。この法律の主な目的としては、グレーゾーン利息の廃止と個人の借入総額の制限があげられます。

 

総量規制においては、「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」いう規定があります。従って、消費者金融やクレジットカードの信販会社では、これを基に利用限度額を決定している仕組みになっています。

 

総量規制は貸金業法に付随している法律です。つまり、銀行法の管轄下にある銀行のローンは全て対象外ということになるのです。
総量規制制定後は、この年収による借入制限があるため、思うようにお金を借りることができない状況に陥ってしまった人々が相次ぎました。

 

このような状況の中、銀行のカードローンには年収による借入制限がなく、高額の利用限度額を設定することができるということに注目が集まり、銀行のカードローンはぐっと人気が上がったのです。

 

銀行のカードローンの代表的なものとしてはレイクがあげられます。レイクはよくまちがえられますが、消費者金融ではありません。新生銀行が経営している銀行のカードローンなので、総量規制の対象外となっています。

 

ところが、銀行のローンには大きなデメリットがあります。

 

それは審査に時間が掛かり、通過も容易でないということです。

 

確かに銀行のローンは低金利で高額の借入が可能ではあります。しかしこうした融資を受けるためには、借りる側にも、しっかりとした信用が求められるのです。長期に渡ってお金を借りるとなれば、あなた自身にはもちろんのこと、勤めている会社にもそれなりの将来性も必要になります。

 

こうした審査をすることになるので、時間も必要ですし、通過することも難しいことは予想が付くでしょう。

 

ということは、つまり、お金がすぐに必要な時には、対応が難しいということになるのです。

 

その点、消費者金融の審査は迅速で、すぐに結果を出すことができます。業界最速時間は30分。ほとんどの消費者金融では、14時までに契約を済ませておけば、その日の内に振込やお金の引き出しが可能です。これなら、すぐにお金が必要な緊急時にも、役に立ちます。

 

利子に関しては高い、という印象のある消費者金融ではあります。しかし、最近では無利息ローンシステムの提供がある消費者金融もあります。これらのシステムをうまく利用すれば、利息の負担も軽減することができるでしょう。

 

業界最大手の消費者金融として名を上げているのは、アコムです。
ちなみに、現在はどこの消費者金融も利用している無人契約機ですが、これを開発し、初めての導入に成功したのはアコムです。

 

さらに、業界に先駆けて、最近では無利息ローンのサービスを開始しています。このサービスは、初回限定のサービスですが、30日の間に返済できた融資については、無利息での借入が利用できるようになっています。

 

この無利息ローンサービスは、プロミスでも提供されています。
プロミスの人気の秘訣の一つとしては、アコムよりも少し金利が安いことがあがられます。

 

また、もう一つの大きなメリットは、「瞬フリ」というサービスです。
一般に、土日に振込の申込をしても、即日振込にはならず、反映が遅れてしまいます。しかし、このサービスでは、日曜でも振込がその日の行われる、という非常に便利なサービスなのです。

 

そして、スピードには自信のある消費者金融といえばモビットです。
モビットの審査時間は業界最短時間の30分といわれています。また、インターネットで申込を行うと、10秒で簡単審査結果が出るシステムはかなり便利です。

 

モビットでは2012年から「WEB完結型申込サービス」を開始しています。このサービスを利用すれば、24時間、好きな時に好きな場所で借金の手続きができるので、人気のあるサービスの一つです。

 

最後に・・・

このように、消費者金融には即日融資を始めとする便利なサービスがたくさんあります。
先にも申しましたが、私たちが日常的にお金の工面が必要な時には、何よりも時間が大切になってきます。そうした緊急時に役に立ってくれるのが、消費者金融の即日融資サービスなのです。

 

また、申込から返済まで、とても簡単なので、現在は多くの人に利用されています。
しかし、あまりに簡単すぎてしまうため、ついついお金を借りすぎてしまうことが予想されます。

 

消費者金融の金利は決して安くはありません。

 

ですので、長期的に多額の借金をすることには向いていないことは、頭に入れておきましょう。

 

また、返済計画は無理のないプランを立てることをお勧めします。

 

ローンの組み方によっては、かえって自分の首を絞めてしまうことも十分考えられます。従って、返済プランには、余裕を持っておくことが大切です。
消費者金融は、ルールをしっかり守ってっさえおけば、とても便利なサービスなのです。是非、有意義に活用していただきたいものです。